INFコン静音化
INFコン(INFINITAS用beatmaniaIIDX専用コントローラプレミアムモデル)の私の静音化作業について。

INFコン購入直後のスイッチとバネの交換についてはこの方の部品/方法を参考にしました。
死ぬほど堅かったボタンがアーケードに近い操作感になり快適になりました(T-T)
http://d.hatena.ne.jp/SerenadeBX/20160815/1471262949

しかしこれを行った後もボタンを押したときに音が簡単に響く問題があり、
結構ゲームプレイ中自分でも気になっており、
巷でやられているらしい静音化作業を僕も簡単にできそうなことがないか考え着手する事にしました。

追加で用意したもの
・プラスチック用やすり(スイッチ交換の時にも使用したやつ)
・厚さ0.5mmのゴム板
・テープ(静音化に効果ありとのことを聞いてマスキングテープを使いましたがテープでの効果は実感できず)
・メラミンスポンジ
e0094152_9212412.jpg
以下各部品の解説。

①鍵盤の黒い受け皿
鍵盤が当たる部分(スイッチ穴を挟んで両サイド)にゴム板を貼り付けます。
マスキングテープで適当に張り付けましたが、
両面テープの方がいいかもしれません。
この部分が一番静音化に重要ですが、詰めた分だけ
ストロークが短くなり、操作感も変わるので注意が必要です。

②鍵盤ケース部分
白いケース部分(蓋)を取り外します。
ここにもスイッチ穴が開いていますが、スイッチがケース部分の領域に侵入することは無いため、
内部に音が伝搬しないようテープで穴を塞ぎます。

この際、スイッチ接続部分がこのテープで貼り付く原因になるので
(結果ボタンがノリで貼り付く)、穴にあたる部分は裏面にもテープを貼るなどして
貼り付かなくする工夫が必要です。

ケース部分の空洞にはメラミンスポンジを詰め、吸音効果を期待します。

③ボタン固定用部品
この部分にも空洞があり、音が響く原因になりそうなので
メラミンスポンジを詰めて貼ります。


次はスイッチ部分です。
e0094152_9281614.jpg
④緑色のスイッチ接続部分
ここにバリがあります。
スイッチに張り付けたゴム板(⑤)が引っかかる(ボタンがハマル)可能性があるため
やすりで取り除きます。また、バリが無くてもボタンがハマル場合があり、
ゴム板を円滑に動かすために適切なやすりがけが必要に感じました。

⑤スイッチ部分
細長く切ったゴム板を貼り付けます。
これをする目的は以下の2点があります。

・受け皿のゴム板部分でボタンが0.5mm沈み込みづらくなったため、
 その分別の場所でスイッチを押す長さを稼ぐ必要がある。(ボタンが認識しづらくなる)
・スイッチ本体を押す部分の静音化

ゴム板をスイッチを押す部分に挟み込むことで、これを解決します。


e0094152_933374.jpg
こんな感じでセッティングします。完成。

ボタンの操作音の参考は以下の動画を上げましたのでご確認ください。
https://www.youtube.com/watch?v=_iBcTIzhwa0

静音化前:https://www.youtube.com/watch?v=zI1PT1VgWDk
静音化後:https://www.youtube.com/watch?v=9PB5jXQz338

私がクラッシャー気味な事もあり静音化後もまぁ動画はうるさいですが(^-^;)、
ストロークが短いこともあり軽く押す分には音がかなり収まりました。
操作感はゴム板の反発感がある感じのボタンになります。

これを機に手に力を入れなくても弐寺をプレイできるようになっていきたいと思う次第です。
[PR]
by nvspo | 2016-12-10 09:48 | 音ゲ
<< 雨と涙と乙女とたい焼き聖地巡礼 くらよし桜まつり♪(聖地巡礼2) >>